映画感想 バックドラフト Backdraft

1991年のアメリカの非戦闘系アクション。消防士たちの話。
燃え盛る炎が迫力があってすごい。
ハンス・ジマーの音楽が壮大でザ・アメリカンというかんじ。
すぐに殴りあいになったり雰囲気がリアルで良かった。
1991年の作品だけど全然色あせない。
芝居もまともに見れる。
最近立て続けて邦画を見てたから、なんかこれがもの凄く芝居うまく感じる。
少しミステリー仕立てになるのかな、と思ったけれどそこはあっさり終わった。
それにしても音楽って偉大。
かっこいい音楽がかかれば本当にかっこよく見える。
音楽は大切な要素ですね。
泥臭い絆が印象的な映画だった。