映画 感想 アビエイター The Aviator

マーティン・スコセッシ監督の2004年の作品。ディカプリオ主演。
ハワード・ヒューズの自伝的映画。
何かに急かされながら必死に生きる男の痛々しさが伝わってきた。色々な意味でらしいなと思った。
ディカプリオはこういう役が本当にあっていると思う。プライドと恐怖、弱さ、でもなんだかんだいって最後に大切なところは死守する強さ。一言で片付けられない複雑なキャラクターがよく出ていた。
BGMに流れるスウィングジャズがおしゃれ。少し長いけどとても楽しめた映画だった。